投資を始めて最初にぶつかった壁といえば、日常的に変動が気になってしまうということです。

ココを押えたい!株式投資入門 

投資を始めて最初にぶつかった壁

投資を始めて最初にぶつかった壁といえば、日常的に変動が気になってしまうということです。仕事をしているときでも、家事をしているときでも、どうしても気になってしまって、ちらちらと見てしまうので、どうも身の入らない生活になってしまいがちです。といっても、社会情勢に目を向けるきっかけとなるところはとても役だっていると思います。ですので、専門的な知識を有する方にある程度運用をお願いするコースにするなどの方が、私には合っていました。その上で自分のできることを、週末にまとめて見ていくなど、計画をきちんと立てて取り組むことが理想です。この厳しい経済状況の中で、少しでも利益が出てくると、励みになりますよね。そんなちょっと良いことを積み重ねていく気持ちが大切ですね。自分の時間ですから、きっちりとイメージを調えて、投資をどのくらいの割合として位置づけていくかを考慮したいものですね。何事も、自分にとってプラスであるという基準が重要だと思います。

Copyright (C)2017ココを押えたい!株式投資入門 .All rights reserved.